ハワイアンキルトって?

ハワイアンキルト雑貨☆最新特価情報!
しっかりチェックしてくださいね!

ハワイアンキルトって?

ハワイアンキルトは、一見幾何学模様のように見えるアップリケにさざなみ
のようにウエイブした模様が2mmから3mm幅に縫いこまれたキルトです。 
1820年、西洋からの宣教師がハワイに上陸したときに、その夫人たちに
よって裁縫の技術が伝えられました。

 

アメリカのパッチワークキルトのように、余り布を縫い合わせるという手法と
違って、大きな生地をそのまま使ってモチーフ内に二重三重のステッチを
入れていくというのが特徴的でしょう。当時ハワイには、布地の服を着る
習慣がなく、ハギレそのものがあまり存在しなかったため、パッチワークは
広まらなかったようです。

 

洋服はもちろんですが、洋服以外にも家の中で使うものなどを作るようになり、
シーツの布地に大きなデザインをアップリケしたものが、ハワイアンキルトの
誕生だったようです。以来、ハワイの伝統文化として受けつがれてきました。

 

よく目にするモチーフは「パンの木」ですね。初めてハワイアンキルトを作る時、
モチーフに選ぶと良いとされ、「パンの木のキルトが家にあると食に困らない」
という言い伝えもあるようです。 その他にも、ハイビスカス、グァバ、椰子の木、
プルメリアなどハワイに生息する植物を題材にしているものが多いようです。
それぞれのモチーフに意味があると言われ、奥の深さを感じさせられますね。

 

ハワイ王朝の象徴とされる鳥の羽飾りがついたポールは、「カヒリ」とよばれ、
ロイヤルカラーである赤と黄色のハワイアンキルトは、今でもとても貴重なもの
で、ハワイアンキルトの代表的なデザインにもなっています。

 

ハワイアンキルトを作った人が亡くなると、その人によって作られたキルトは全て
焼却しなければならないという伝統があります。それはキルトに「マナ」(霊力)が
宿っていて、キルトを残していくと成仏できないと考えられているからです。

 

作者本人が残して欲しいと約束していたもの以外はすべて焼却されてしまう
ため、ハワイアンキルトは、残念ながらあまり多くは残されていません。残って
いる古い作品はたいへん貴重なもので、ハワイの美術館で大切に展示されて
いるところもあります。

 

モチーフには動物を使わないという習慣がありますが、その理由がカワイイ!
例えば、ベッドカバーに動物のモチーフを使うと、「夜中に動物が動き回って
眠れない」ということのようです。 なんだかほほえましいお話ですよね。